FC2ブログ

愛し愛され



それに愛された者は世界を手に入れると言われている。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□


それとは世界そのもののことであり、多くの人間がそれに愛される方法を模索していた。


ある者は、世界を大切にする者こそが愛されると信じ、木を植え続けた。

ある者は、世界一強い者こそが愛されると信じ、己を磨き続けた。

ある者は、世界一愛される者こそが愛されると信じ、ハーレムを作った。

ある者は、神に近しい者こそが愛されると信じ、時を遡る術を研究した。

ある者は、己以外の人間がいなくなれば己を愛する他ないと信じ、殺戮を繰り返した。


皆、集団となり国となった。

しかし未だ、それに愛される者は現れず。


緑の国は木を植え続けていた。

強者の国は領土を広げつつあった。

愛者の国は相変わらずであった。

究者の国は未だ時を遡る術を見つけられずにいた。

人外の国は他国を脅かし続けていた。


皆、それに愛されようと必死にもがいていた。



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
現在、ばにくら継章をRPGツクールVXAceで製作しています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示